お見合いの十戒(男性編)

① 支払いは、すべて男性!女性には1円も払わせない
お見合いで、ひと目ぼれはほぼありません。
女性に「いい人」と思ってもらうためには、せめて金銭的な包容力を示すことです。
次第に女性に「情」がわき、それが「好意」へと変化するでしょう。
恋心はもろいけど「情」がつくる絆は意外と強いものです。
 
② 誕生日は必ず会う!
誕生日は特別な日。
必ず約束を入れること。
交際期間が1カ月程度と浅ければ、いつもより少し豪華な食事でOK。
お互いに結婚を意識した信頼関係になってからは、誕生日、クリスマスにプレゼントを贈ることもよいが、それまでの期間はいつもより少し豪華なディナーなどで十分。
プレゼントとして「物」を贈ることはかえって敬遠されることも多いと思われます。
デートのたびに貢ぐのはNG。
 
③ レディーファースト!女性をまめにもてなそう
ドアを開けてあげる。
歩道側を歩かせる。
エレベーターのドアの開閉ボタンを押してあげる。
喫茶店、レストランでは女性を奥の席に座らせる。
こうしたさり気ない心使いが、女性の心をぐっとつかむのです。
 
④ 過去に交際した女性の話、母親の話、未来の親との同居話はNG!
特に「お見合い回数」「交際人数」の話は厳禁。
女性からその話をした場合も乗らずに、サラッと流しましょう。
また「責任感のある自分」を見てほしくて話す未来の親との同居は、女性にしてみたら重いだけです。
 
⑤ スケジュール提案はスマートに!
デートのお誘いをするときは、候補日を3つくらい提案しましょう。
その中で、一番早い日が「空いてます」と言ってくれるなら、女性も早く会いたいと思っているのかも。
男性のスケジュールに女性が合わせてくれるようになったら手ごたえありです。
 
⑥ 1週間に一度は必ず会う!
休みが合えば、休日に丸1日、一緒に過ごしてみましょう。
平日夜の食事の誘いに乗ってくるようになれば順調。
「会いたい」気持ちが膨らむと、わずかな時間でも作ってくれるはずです。
 
⑦ 女性を射るには親御さんから!
デートが終わり、家路に着く前に、ケーキの箱をサラリと渡しましょう。
「今日はどうもありがとう。これ、ご家族で食べてください」
という言葉を添えればOK。
女性本人はもとより、女性の親が興奮するのでは?
年配向けに和菓子も効果大ですよ。
 
⑧ 「結婚を前提にお付き合いしてください」とハッキリ伝える
女性にとってはなにより効くこの言葉。
お見合いは重複した交際が認められているため、これを言わないと「付き合っているのは本当に私だけ?」
と女性は不安で仕方がないのです。
また、女性側の交際状況を確認することもできます。
 
⑨ プロポーズ!…の前に、美味しいものを食べてから
交際が順調に進み、プロポーズの段階にきたら、ディナーとセットにすることです。
女性はお腹がすいているとイライラするもの。
まずは、ゆっくりと美味しいものを食べて、プロポーズの場所は景色の良い場所にこだわってください。
思い出に残る、ロマンティックな演出を。
 
⑩ プロポーズしたからって安心するな!
結婚式は女性の憧れ。
「女性のしたいように」させてあげるのが一番。
婚約指輪は最初の愛の証。
お見合いでは交際期間が短い分、たくさんの愛をあげましょう。
「釣った魚に餌をやらない男性」は女性が最も嫌うタイプ。
油断禁物、ここからが本番だと思ってください。
女性は、あなたをみんなに自慢したいのですよ。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」