女子会でクダを巻く「他力本願女子」

「どうして結婚したいと思える人がいないんだろう」
「どこかにいい男、いないかな」
女性同士での会話のなかで、このセリフが登場しなかったことがあるでしょうか?
そのくらい、独身女性にとっては普遍的なセリフと言われている言葉ですが、この言葉をもっとも多用さしているのが「他力本願女子」といえます。
 
「他力本願女子」の特徴は、今まで結婚していないのは自分のせいではなく、あくまでも周りのせいだと思っていることです。
 
「結婚相手にふさわしい男性が職場にいない」
「自分のよさをわかってくれる男性とで会っていない」
「付き合っていた彼氏は自分を理解しきれなかった」
など、相手になんらかの難があったために、今の自分は独身を続けていると信じています。
 
彼女たちの心の奥底には
「私の様な女性をなぜ世の中の男性は放っておくのだろう。妻として、女として、こんな素晴らしい人間はいないはずなのに…」
と自分賛美の思いがあります。
 
そうした「他力本願女子」の誤った思い込みを増長させているのが「女子会」の存在です。
現状をボヤいているだけで明日につながる改善をしようとしない。
彼女たちは、とりとめのないおしゃべりがストレス解消になっているのでしょう。
それ自体は悪いことではありません。
ボヤいたり嘆いたりといった、ある種の不幸自慢を競うのは
「私も冴えないけど、あなたもだよね?」
という相手を牽制する意味にもなります。
ですから、同時にそこで
「ツイてないのは私だけではないのね」と安心できるのです。
 
もしも本気で結婚して幸せになりたいと思うのであれば「他力本願女子」が集まる女子会には参加しないことです。
 
「いい男、いないよね?(=いたら私にも紹介して欲しい。抜け駆けはダメよ)」という牽制や「そんなに高望みしていないのに、どうして彼氏ができないのかな(=世の中に見る目のない男性が多いことを指摘して欲しい。恋人がいないのは私のせいではなく、彼らに問題がある)」という傲慢さは、目先のなぐさめにはなっても、先々の幸せにはつながっていないことを覚えておいてください。
 
お勧めの女子会は、既婚者を混ぜるというものです。
成功の秘訣を聞きたいのでれば、経験者にコツを聞くのが近道です。
 
結婚したことがない人同士が集まる女子会で意見を出し合っても、微塵も実のある会話にはなりません。
それより、結婚経験者や恋人がいる女性の話を聞いた方が有意義でしょう。
 
「他力本願女子」のまま終わってしまわないためにも、まずは女子会のメンバー設定から考え直してみることをお勧めします。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」