バランスさえ良ければ、チャンスはまだまだあります

婚活で相手を探す際には、自分が結婚相手を選んでいるのと同時に
相手にも選ばれているのだという意識を持つことが必要です。
アラフォー世代が相手を「選べない」(よりどりみどりで誰にしようか決めれないという
意味ではなく決めるべき時が来ても何かと理由をつけて決めることができない、という意味)
のは、気持ちの柔軟さが次第に失われてしまって相手を受け入れることが
できなくなっているからだということは、何度かお話しました。
 
その一方で相手に「選ばれない」のは、男性側に、女性の「若さ」に
大きな価値を置く傾向があるからということは否定できません。
なぜ「若さ」にそれほどまでの価値を置くか。
それには様々な理由があります。見た目の美しさも然り、相手を受け入れる柔軟性や
素直さも然り、さらに子どもが欲しいかどうかを考えた時に、やはり若くて健康な相手を…
と望んでしまうのも、無理にないことでしょう。
 
女性でも、アラフォー初婚で「子どもを諦めていません」という人が少なくないことは
お話しましたが、男性も同様に、特に初婚の場合は子どもを希望する人がとても多いのです。
 
アラフォーの女性は、結婚相手として5歳から20歳年上の男性を狙った方が
バランスがいいと言いましたが、そのくらいの年齢でも、男性も初婚だと子どもがほしい。
そんな二人が結婚して、無事に子どもが生まれればいいのですが
もしも子どもがなかなかできなかった場合…。
 
二人の心の繋がりの強さにもよりますが、それでもやっぱり子供が欲しいと考える男性は
他の若い女性に目移りしてしまうのです。
女性は加齢とともに、次第に出産が難しくなってきますが、男性の50代は子どもが欲しいという
思いから他の女性を求めてしまうという可能性も考えられます。
いくら年齢のバランスが取れていても、それでは本当の意味でバランスが良いとは言えません。
 
ですから、どうしても子どもを産みたいという希望を捨てられない人以外は
アラフォーの女性には再婚の男性も視野に入れるようにアドバイスをしています。
再婚でお子さんがいる男性ならば、今、お子さんと同居しているか別居しているかはともかく
一度はこの世に自分の子どもが存在するという状況を体験しています。
そういう人は、今度結婚する相手とは子どもができてもできなくてもいいと言う人が多いのです。
 
男性は、50代だろうと60代だろうとまだ子どもが望める。
でも女性はどうしても年齢とともに難しくなる…。
結婚して2年3年してやはり子どもは難しいとなった時、それでもどうしても子どもが欲しい
と望む男性を引き留めておくことができますか?
はじめから「子どもはどちらでもいい」と言ってくれる男性の方が、あなたにとっての
「バランス」ではないでしょうか。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」