出会いに敏感になりましょう。周りから出会いをもらえるようになりましょう。

「結婚したくてもできない」
と同義語なのが
「なかなか女性と出会う機会がない」
です。
これは30歳を過ぎた独身男性共通の悩みです。
年をとるにつれて合コンの誘いも減り、社会人生活も10年経てば人間関係も一巡りしていて、今更新たな出会いも望めません。
 
自然な男女の出会いを考えた場合、小・中学校に行っていた時は教室の半分は女性で、しかも隣りに座っていますから、自然に女性と出会えます。
学生時代に異性と出会う量を100としたら、会社員になったばかりの20代はその半分。
30代は10分の1くらいかもしれませんね。
ただでさえそうなのに休日にボーッとしていたら、あなたが女性と出会う確率はさらに減ってしまいます。
 
では、どうすればいいのでしょうか。
まずは、出会いの発想を変えましょう。
そして、出会いに敏感になりましょう。
出会いは人と人との繋がりがあるところすべてに“落ちて”います。
それを拾い上げるためにアンテナを常に張り巡らせておくのです。
年とともに出会いが減っていくのは仕方ありません。
それならば、どんな些細な出会いのチャンスも見逃さないようにすることです。
 
会社、家族、友人、趣味仲間はもとより、集金に来る新聞屋さん、クリーニング屋さん、電気屋さん、車屋さん、ガソリンスタンドなど、大人になったからこそ接する人たち(女性)っていますよね。
見る角度を変えて、これまで見落としてきた出会いの形を再検討してみてください。
あなたが気づいていない出会いが、身の回りにきっとあるはずです。
 
また、もう一つ大事なことは、あなた自身が
「周りの人が出会いを運んできてくれるタイプの人間になる」
ということです。
 
顰めっ面をしていては、周りは離れていく一方です。
後ろ向きな発言をしたり、愚痴や不平・不満を言っている人を誰も相手にしてくれません。
小さい頃はなにを言っても「子どもだから…」ということで許してくれます。
しかし今のあなたは大人なのです。
あなたの口に出すことや行動はダイレクトに自分に返ってきます。
「あの人に出会いを提供しようとしたけど、なんか注文が多く、しかもうまく行かなかったら文句を言われそう」
と思われたら最後、周りは絶対に出会いを運んできてはくれません。
 
逆に「あの人は私からの出会いの提案を喜んで受け入れてくれるし、もしうまくいかなくても感謝してくれそう」
と感じたら、自然に多くの出会いを運んでくれるでしょう。
 
自然と周りが出会いを運んできてくれる究極のキャラ。
それは「出会いを提供してくれる人にとってウザくない人」
 
これが答えです。
振った・振られたという結果に一喜一憂せず、出会いを作ってくれた人に感謝し、自分自身も粛々と婚活に励む!
周りを味方につけて、出会いをたくさん発生させましょう。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」