真面目だけど安らげない「スキなし女子」

プロフィールは申し分ないのに、なぜか男性ウケがよくない、もったいないタイプの女性がいます。
このタイプの女性たちのことを苦手だと話す男性陣の意見を聞いてみると、決まって「だってスキがないから…」と言います。
 
真面目で素直だけれど、男性ウケのよくない「スキなし女子」は、なぜ結婚できないのでしょうか。
 
そもそも男性は結婚相手となる女性に「安らぎ」や「癒し」という女性ならではのふんわりした部分を求めています。
肝心なのは「この人と一緒にいると居心地がいいな」
と思えること。
このポイントを抑えられるかどうかが、男性が結婚を決意するカギになります。
 
一緒にいて居心地がいいかどうかという問題は、恋愛面だけでなく、人としての欲求の部分にも関わってきます。
「自分をあたたかく受け入れてもらえて嬉しい」
「自分の話に笑ってくれて気持ちがいい」
といった感情も含め、居心地のいい相手とは長い時間、一緒に過ごしていたいと思うようになるものです。
 
「スキなし女子」には、この相手を受け入れる寛容な部分が少ない、またはあっても相手に伝わるほどにはいたっていない、という残念な一面があります。
したがって、生涯のパートナーとして求められるまでに交際を発展できないというわけです。
 
「スキがない」というと、ツンケンした杓子定規の対応で、ツッコミどころが見つからないタイプを想像するかもしれません。
実際には、こういう絵に描いたような「スキなし女子」はほぼいません。
 
その代わり、感情表現にとぼしくて、言動やファッションも無難すぎるタイプのことを、男性は「スキがない」と表現しています。
男性が「スキなし女子」を敬遠するのは「自分のことを受け入れてもらえないのではないか」
という恐怖心もあるようです。
 
「雨が降ってきましたね」
と男性から話しかけたとき
「そうですね」とシンプルに返事をする女性と
「えっ、本当?どうしょう、傘を持ってこなかった。困ったな!」
と答える女性、どちらに親しみを持ちますか?
もちろん、後者のほうのリアクションがよく、相手の男性も
「じゃ、ボクの傘に入っていく?」
などと次の会話につなげやすいでしょう。
「そうですね」とだけ返事をした女性に対しては、男性は拒絶されたと感じ
「怒ってる?」
「何か、悪いこと言った?」
と思い込んでしまうものです。
 
同じように、男性が何かを言ったときに、よく笑う女性はモテるものです。
男性が「自分のことを受け入れてくれた」と思うためです。
 
スキのないファッションも男性にはウケが悪いようです。
寒いからとモコモコとセーターの厚着をしたり、動きやすいからと一年中パンツスタイルでいたりするのは「男性を拒否しています」
というサインにとられかねません。
 
男性に媚びることが目的ではないものの、女性らしいふんわりした魅力を出さないのはもったいないことです。
 
まずは、感情表現や見た目など、できるところから少しずつ女性らしさを出していってみてはいかがでしょう。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」