交際中の支払いは相手を立てる

裏ワザ 8 交際中の支払いは相手を立てる
 
「交際中の支払いは、どうするのがベストでしょう?」
こんな質問を受けることがあります。
親密になって、二人のなかでパターンができてしまえばどうということはないものの、まだそれほど親しくない間柄のうちは、どうしていいかわからない小さな問題は数多くあるものです。
お茶や食事をした後、どちらがお金を支払うかについても迷うところでしょう。
 
私は「交際中は男性にごちそうになっていいですよ」とアドバイスするようにしています。
これは、男性のほうが収入が多いというのが常識だから、という理由だけではありません。
女性のかわい気をアップさせる目的と男性への思いやりという部分も考慮しての意見です。
 
お茶をごちそうしてくれると申し出ている男性に対して「いいえ、ここは私も払いますから」とキッチリ半額分支払ったとしたら、女性の方は自分自身がスッキリするかもしれません。
ですが、男性の気持ちはどうでしょう?
「半額、支払ってくれてどうもありがとう」と思う男性は、まずいないでしょう。
「お茶代すら支払えない男だと思われたのだろうか?」
「自分には貸しを作りたくない、ということなのだろうか?」
とマイナスに考える男性のほうが圧倒的に多いのです。
 
何よりも、それほど高額でもないのに懐事情を心配されるよりは、素直に「嬉しい!ごちそうさまです」
と喜んだほうが、かわい気があると思いませんか?
 
もし、また会いたいと思える相手なら「じゃあ、次回は私にごちそうさせてもらえますか?」
と、次があることを匂わせるのも手。
結果的に、ふたたびごちそうになったとしても男性はまんざらでもないはずです。
 
交際中は、いわゆる「男の沽券」を大事にする意味でも、男性に支払ってもらう方がスマートだと思います。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」