男性が望んでいる女性とは?

男性は外に出れば7人の敵がいると言われています。
彼女が8人目の敵となったら恋愛などやっていられなくなります。
彼女は敵ではなく一番の味方であってほしいのです。
 
敵とは、自分を否定して文句を言い、責めてくる相手のことを言います。
「今日も上司に命令されて疲れた」
「訪問先の顧客にクレームを言われて疲れた」
「会議でも成績が上がらない理由を責めらて疲れた」…
そのうえ彼女に「なんで連絡よこさないのと文句を言われて疲れた」
となれば、男性はこう考えます。
…自分には味方がいない、みんな敵だ!
どの敵から退治しよう。
 
男性が求めている「味方」とは、疲れているときに優しく迎え入れてくれる彼女。
仕事が忙しく連絡を取っていないのに、文句ひとつ言わず、ニコニコと嬉しそうに明るく接してくれる女性です。
 
彼が「しばらく連絡が取れなくてゴメン」
と言うと、彼女は「お疲れさま、お仕事大変だったね」
と一言だけ言って、あとは普段通りに付き合ってくれる。
そんな優しい彼女を男性は好みます。
待ち方の上手な彼女に対して「待たせて本当に悪かった」と深く反省し、愛しく思うものです。
 
男性は過去の経験から、最後は自分の味方になってくれるような女性を選びます。
彼は、あなたを味方だと認めたとき、こう考えています。
 
ー前の彼女はほったらかしにすると、さんざん自分をなじった。
恨み節を聞かされた。
口やかましさに耐えられなくて逃げようとすると「話はまだ終わってない!」と執拗に責め、しまいには泣きじゃくり、見てはいけない狂気じみた女性の感情を見てしまった。
そんな彼女が自分も怖くなり、別れる決心をした。
それに比べて今の彼女は天使だ。
こんな彼女に会えたのは自分にとって奇跡だ。
彼女なら今後とも安心して付き合っていける。
なぜなら彼女は世界でたった一人の自分の味方だー。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

結婚したくなったら「はなみずき」

君と好きな人が100年続きますように…