お見合い成功法

今日はパーソナルメイクをしていただきに「クルール ド ボヌール」

に行ってきました。
淡いグリーンやオレンジを使い、ものすご~く美人に仕上げて頂きました(笑)

先日、お見合い後に男性会員さんから電話で
「多分お断りが来ると思います」と。
理由を聞くと
「最後に何かほかに質問はありませんか?」と言われたらしいのです。
「あ~僕は面接を受けていたのかと思いました。過去にも質問はありませんか?と聞かれたことがありますが、すべてお断りが来ました」と。
結果は不成立でした。
彼はお見合いに行ったつもりでしたが、彼女は面接をしていたようです。

お見合いが失敗に終わるとき、その原因の9割は「会話」だと思います。
見た目やファッションも大事ですが、会話はそれ以上に重要なポイントになります。
失言やデリカシーに欠ける発言をしてしまった場合は論外ですが、会話がはずまなかったり意思の疎通ができなかったりすると交際や結婚にいたることは稀です。
相手の心に響く会話ができるようになるには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

この仕事をしていて疑問に思うことのひとつに「なぜ、お見合いで失敗する人たちは、相手のプロフィールを事前にチェックしないのか?」ということです。
お見合いは、当日までにお相手の職業や趣味、人柄にいたるまでプロフィールを知ることができます。
そのプロフィールをもとに話を進めれば、会話が途切れることはないのではないかと思うのです。
「趣味は○○なんですよね?最近はどうですか?」とか
「温厚な性格と書かれていたのでほっとしました。実際にお会いしてみても、緊張せずにお話できてよかったです」
と、話のネタはたくさんお相手のプロフィールに転がっているからです。
ところが、なぜかお相手のプロフィールに目を通して来ない人がいます。
これは、お相手にとっても非常に失礼なことです。
もしも真剣な気持ちでお見合いに臨むのであれば、これから会う人を「どんな人だろう?」と思ってプロフィールを読み、あれこれ想像すると思うからです。
また、プロフィールを把握していなければ、質問も見当違いなことになりがちですし、相手にも「ああ、この人は自分のプロフィールを見てはいないのだな」と気づかせてしまいます。

お見合いは「準備7当日3」で決まると思っています。
「準備7」は、相手のプロフィールをしっかり把握しておくこと。
「当日3」は、プロフィールを見てわからなかったことを質問する、ということです。
「はなみずき」の会員さんにはお見合いの前にお相手のプロフィールを確認することをお願いしています。
お相手のプロフィールの確認=予習です。
前日確認の時に「予習お願いします」と呼びかけます。
「準備7」の部分に気合いを入れて、当日に臨んでいただきます。
そして当日「私はあなたにこんなに興味があるので、質問したいこともたくさんあります!」という気持ちをアピールするよう努めていただきます。
そうすれば、お相手も嬉しくなって自然と会話が続くようになると期待しています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
福岡、北九州の結婚相談所なら婚活サポート はなみずきへ。
本気で結婚を考えているあなたへ、真心こめた婚活サポートをいたします。
無料相談時に勧誘やセールスは一切しておりません。
安心してご予約ください。心よりお待ちしています。

はなみずきは予約制になっております。
下記カレンダーにて空いている日時をご指定下さい。
💛 24時間WEB予約カレンダーへ 💛


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

結婚したくなったら「はなみずき」

君と好きな人が100年続きますように…