結婚相手の選び方③ 男性のホンネ、価値観を探る

大人になるにつれ、私たちは知らないうちに本音と建て前をうまく使い分けながら生きています。
でも、子どもの頃はそんなこと関係ありません。
ですから、相手の価値観を知るには、過去の話しを聞いてみるといいでしょう。
小さい頃のこと、過去のことを話してもらうと、相手の本音、つまりその人の価値観が見えてきやすいと思います。

先にあなたが「私って、実は昔◯◯たったんだ」
というような過去に話しをしたり
「小さい頃、両親があんまり仲良くなかったんだ」
「小学生の頃、いじめられたんだ」
など、自分がコンプレックスに感じていることや、他人には普段は言わないようにしていることなどを言ってみるのも効果的です。
あなたの自己開示に対して、彼がどんなリアクションをするのか。

共感してくれるのか、引いてしまうのか。
そこで彼の人間性を見極めることができるでしょう。
多くの女性は過去トークをすることを怖がります。
「そんなこと言って、ドン引きされたらどうするんですかー」って。
でも、そこで引くような人だったら、あなたの良さがわかってない人なんだから、損切りしていいのではないですか?
むしろそれを試すためのトークです。

仮に彼が引いたとしても、あなたが傷つく必要はまったくありません。
あなたの魅力を理解する器のない人だということがそこでわかります。
自分から自己開示するもう一つのメリット。
人間って、第一印象がかなりネガティヴに誤解されていることが多いんです。
本能的に、自分の命を守るために“警戒”モードから入るので
「この人怖そうだな」
「近寄りがたそうだな」
という相手のネガティヴな部分を意識しがちなんだそうです。

多くの人が、どちらかというとネガティヴなイメージから入り、話してみたら実は
「いい人だったんだ」とわかることが多い。
特に仕事もしている大人の女性になればなるほど、スマートな会話や身のこなしができるようになっているので、より「隙がなさそう」「口説きづらそう」などと男性をビビらせていると思います。

だから、早めに自分の過去の話しなどをして、そのギャップを女性から打ち破ってあげると、男性も自己開示がしやすくなります。
まず、自分の仕事の悩みや、人間関係の悩みを相談してみる。
そうすると、相手が本気でアドバイスをしてくれたり、本音の意見なんかが聞けたりします。

自分をまったく開示せずに、相手の本音だけを引き出すというのは、やっぱりできません。
ある程度自分から先に「最近こんなことで悩んでて」とか
「大人になってから人に誤解されることが多くて。貴方にはどう見える?」
と、自分から開示するほうが、相手の本音も出てきやすいです。


人気ブログランキングへ

福岡、北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる婚活サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。
安心してご来店ください。ご連絡お待ちしています。

この記事を書いた人

yukirin
yukirin
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」