無意識に男性のプライドを傷つけていませんか?

男性とのコミュニケーションで最も気をつけるべきことは、とにかく相手のプライドを傷つけないこと!
 
「いつも2、3回のデートで終わってしまい、正式な交際を申し込まれない」
「1回目のデートは楽しかったのに、2回目のデートに誘われないのはどうして?」
「デート中、彼が急に不機嫌に…なぜ?」
それは、あなたがどこかで彼のプライドを傷つけている可能性大です。
 
男性が話してくれたことに対して
「あっ、それ、私も知っています!◯◯って✖️✖️なんですよね〜」
「私も行ったことあります!◯◯がいいですよね」
こんなふうに、あなたは自分の知識や経験を重ねて披露してはいませんか?
 
女性は好奇心旺盛ですし、自分磨きが大好き。
美味しいものをよく知っていますし、旅行にもよく行きます。
同じくらいの年齢だと、女性のほうが男性よりも流行などに関する知識や経験が上回ることがめずらしくありません。
女性のほうが年上のパターンでは、なおのことそうです。
この結果、男性と無意識のうちに知識や経験を張り合うような言動をしてしまう女性がいます。
そのことで男性のプライドを傷つけ、不愉快な感情につながってしまうと、関係がなかなか深まりません。
 
知っていたとしても知らないふりをして「よく知っているね」と素直に驚いてあげる、ある意味「わざと負けてあげる」くらいのかわいらしさとずる賢さが女性には必要です。
それによって相手に喜んでもらう「サービス精神」が大事なのです。
 
加えて、相手が自分にしてくれたど んな些細なこともキャッチしてあげることが大切です。
 
「◯◯してくれてありがとう、すごく嬉しい!」
こんなふうに言われて、嫌な人はいませんし、自分がしてあげたことに対して相手に気づいてもらえたら「もっとやってあげよう!相手の役に立ちたい」と思うのが人間の本能です。
 
「自分がしたことによって、女性が喜んでくれる」ー男性にとって、これほどの喜びはありません。
ですから、恐縮して相手の好意を受け取らないのもNGです。
真面目な女性ほど、相手がしてくれたことに対して「いいです!私、自分でできます」といった態度を見せてしまいがちですが、素直に好意を受け取りましょう。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」