今さら「傷つくのが怖い」?ここで開き直れる人は結婚できます

今日はかなり厳しいお話です。
会員さんのなかには、「婚活成功のためのノウハウ」をいろいろアドバイスしても、なかなか実行に移せない方がいます。
お見合いにつながるためのお相手の選びかたや、彼女の魅力を発揮するための方法を提案しても、できないのです。
これで結婚偏差値はグンとアップするのに…と思うのですが「照れくさい」とか「私はそういうタイプではないから」などと言い訳するばかりです。
 
私が思うに、きっとこうした演出をしてみた結果、うまくいかなかったときに傷つくのが怖いのでしょう。
 
傷つく自分を見たくないから、最初から諦めてしまっているのではないでしょうか。
でも…厳しいようですが、あえて言わせていただくと
30代を過ぎて結婚できていないこと自体が、すでに大きな傷なのでは。
どれくらい大きな傷かというと、バツ1やバツ2など比にならないくらいの傷です。
 
例えば20代で結婚してお母さんになって、今は離婚してシングルマザーで頑張ってる人の方が、30歳を超えて一度も結婚したことがない人より、ずっと勝ち組なのです。
そういう意味では、離婚経験者はバツ1、バツ2ではなくマル1、マル2とでも呼びたいくらいです。
だって今は一人でも、かつては誰かに愛されて、結婚までできたのですから。
それに出産という大きな人生経験もして、将来は子どもと孫に囲まれた豊かな人生になるのですから。
 
しかも一度は結婚できた人にとっては、二度目の結婚も、おそらくそれほど難しいことではないでしょう。
結婚偏差値で言えば、つねに高いところをキープできる人が大半のはずです。
 
30代で結婚していない人は、今はどうあれ一度は結婚体験がある人よりも結婚偏差値は低いことを自覚していただきたいのです。
 
結婚というのは、相手に愛されないとできません。
相手にとって「特別な人」「手放したくない人」にならなければできません。
結婚できてないのは、一度もそういう人間になってない、選ばれてないということです。
女性にとって、これほどの傷はありません。
 
ここで言いたいことは、ただ一つ。
今、傷ついている場合ではありません。
「傷つくのが怖い」なんて言って、尻込みしている場合ではありません。
 
 
堂々と胸を張って、恐れず、ためらわず、どんどん婚活を進めていけばいいのです。
 
あなたさえその気になれば、そして尻込みせずに行動を起こしさえすれば、将来の夫候補となる人は、意外にもすぐ近くにいるかもしれないのですから。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」