本当に結婚できる結婚願望の描き方ー夢をみるのは、もうやめましょう

「背が高くて、収入は1千万円以上で、一流大学を出ていて、それからそれから…」
と、幸せな結婚を夢見る女性は、相手の姿をこんな風に思い描いています。
おそらく、幼いころに読んだ『白雪姫』や『シンデレラ姫』に登場するような王子様をイメージしているのでしょう。
「王子様は背が高い」「王子様はお金持ち」「王子様は一流の教育を受けている」「王子様は…」という具合です。
でも、私は、この「王子様は…」の「王子様」の部分を取って、ご自分だけの結婚像を描いていただきたいと思っています。
王子様はディズニーランドにしかいないのです。
 
自分がどういう結婚生活をしたいのか、それを具体的にイメージしてみてください。
そうすれば、ここに描いた理想像がどんなにむなしいものであるのかがわかるはずです。
もちろん、それが現実を見据えたものであれば、どうしても譲れないものがあってもかまいません
どうして背が高くないといけないのでしょう?
背の高い子どもを作って、モデルかバスケットボールの選手にしたいと思っているのでしょうか?
そうではないなら、相手が高身長である必要はありませんよね。
平均身長よりかなり高い男性は、せいぜい1割程度でしょう。
そこをねらったら結婚はますます遠のくだけです。
 
また、どうして収入1千万円以上必要でしょうか?
あなたは結婚して、どんな家に住みたいと思っていますか?
西洋のお城のような豪邸ですか?
そうではないですよね。
いくらぐらいのマンションに住むか?というあたりから考えてみましょう。
そのマンションに住むには、どのくらいの経済力が必要なのでしょうか。
1千万円もいらないはずです。
ならば、1千万円の収入を望む根拠はなくなりますね。
 
もう一つ、ありがちなのが、
一流大学を出ていることに、どんな意味がありますか?
以前、新聞に一流大学出身のホームレスが紹介されているのを見ました。
一流大学がなんの保証にもならないことの証でしょう。
さらに言えば、結婚生活のなかで学歴が顔を出すことはほとんどありません。
ですから高学歴を求める意味は少ないと思いますよ。
 
多くの女性が、こういう根拠の薄い条件をつけるために出会いのチャンスを狭めてしまっています。
よく考えれば意味のないものに結婚を妨げられているのです。
バカバカしいとは思いませんか。
 
妄想ではなく、身の丈に合った実際の結婚生活を思い描きながら判断すると、だんだん自分が本当に求めている相手のイメージが湧いてきます。
妄想ではない現実的なイメージができてこそ、幸せな結婚がみるみる近づくと考えてください。
「現実」を知りなさいということなんです。
自分のもっている条件をよく考えて、自分が婚活人口のどのあたりにいるのかをよく認識することです。
そして、現実に根ざした理想を作り上げましょう。
それができたとき、あなたの婚活は成功に向かって大きく前進するのです。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」