交際スタート!これからどうする?

お見合い後の交際期間は、目安としてだいたい三ヶ月で婚約、というパターンが多いです。
お見合いをする前は、そんなに早く結婚決めて大丈夫?
そんなに簡単に結婚が決まるものなの?
と思われる方が多いのですが、お見合い後の交際は期間ではなく内容です。
もちろんお稽古事じゃあるまいし、一週間に、一度のデートではそれは無理。
とにかく会う!
時間の許す限り会う!
という姿勢でいないと、いつまで経ってもお互いが分かり合うことはできません。
 
お見合いの後、成婚まで上手く運んでいる男性のほとんどに共通する要素があります。
それは「マメ」な男性だという事です。
 
「マメに会う」努力をしましょう!
 
たとえ三十分でもマメに会うようにしてください。
「たまたま君の家の近くに来たのでお茶だけでもしませんか?」とか
「食事だけでもご一緒出来ませんか?」
と、電話かメールを入れてみて欲しいものです。
 
こういうと語弊があるかもしれませんが、結婚相手を決めることと家を決めることはよく似ています。
家は、一生日常を過ごす場所になるかもしれないのですから、良いお天気の日、雨降りの日、朝に昼に夜にお目当ての物件がどんな様子なのか見たいですよね。
同様に、一生のパートナーとなるかもしれないお見合いのお相手の暑い時、寒い時の言動はどんな感じなのか?
朝は?昼は?夜は?
そんなことが気になるのは当然ですし、むしろ知っておいたほうが良いことです。
 
デートと言えば休みの日に朝から晩まで一日かけて会わなければ、と考える方も多いのですが、例えばお勤め先が近かったりするならランチだけでも一緒にするなど、平日のちょっとした時間だけでも良いのです。
ランチを終えてそれぞれの勤務先へと別れて行くときに、何気ない素顔がのぞいたりするのも新鮮な発見ができて楽しいものです。
 
少しの時間を活用して彼女を誘い出す言葉としては
「美味しいイタリアンの店見つけたんだ。一緒に行きませんか?」とか
「美味しいケーキのある喫茶店を教えてもらったけど、男一人では入りにくそうな店なので一緒に行ってくれない?」とか
「今日だけはダイエットを休憩してスィーツを一緒に食べよう!」
など、特別気を張らなくても食事の三、四十分、あるいはお茶の二十分だけでも良いと思います。
 
そして別れ際に
「次はお互いに時間のある時にゆっくり会おうね」
という約束ができるのが、マメでお洒落なデートだと思います。
 
もちろん、マメにあっていれば自分もお相手もボロが出てくるかもしれません。
でも、意外な一面が発見できたりもします。
ご縁とはそのような現実の中で進んで行くものです。
 
女性にしてみたら、自分のためにわずかな時間でも都合をつけてくれた男性の優しさに感謝がうまれてくるでしょう。
男性のマメな行動は彼女への思いやりや優しさに繋がることを、女性は感じています。
 
ですから、男女のお付き合いに「忙しい」「時間がない」は禁句です。
お見合いだけでなく、どんな恋愛でもそうだと思います。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」