あなたの結婚適齢期を計算してみましょう

「もう適齢期なんだから、早く結婚しなさい!」
こんなセリフ、あなたは言われていませんか?

今は昔と違って「何歳から何歳が結婚適齢期」というのはなくなった感があります。
昔は社会に出て4~5年後、20代中盤が適齢期と言われていました。
今では、40歳になっても「まだまだこれからだ」とおっしゃられる方もいるかもしれませんね。

たとえば20歳の女性と結婚したいと考えている39歳の男性がいたとします。
この男性の結婚適齢期は“もう過ぎている”と考えます。
一般生活の中で、39歳の男性が20歳の女性と出会う機会はそうなく、恋愛までに発展する確率はかなり低いだろうと考えるからです。
もちろん、年の差カップルも珍しくはない今の世の中ですが、それは特別で、20歳の女性は39歳の男性よりも、同世代、もしくは30代前半くらいまでの男性に恋愛感情を持ちやすいというのが一般的ではないでしょうか。

「俺は年上女房が欲しい。43歳くらいまでの女性となら結婚したいなぁ」と考えている39歳の男性の場合はどうでしょう。
この方の適齢期は、まだまだ後でも大丈夫と思います。
「ゆっくり年上の女性をさがしましょうよ。適齢期はこれからですよ!」と言ってあげたくなります。

43歳の女性にとっては、4つ年下の39歳の男性から声がかかった場合、充分プロポーズを承諾する可能性があると思うからです。
要は、自分の結婚適齢期は、まず自分が結婚相手として許容できる年齢を思い浮かべてみて、次にその年齢の女性が自分の結婚の申し込みを承諾するかどうかを考えてみれば、おのずとわかるのです。

こう考えてみて、結婚適齢期がもう過ぎてしまっていたという方は、自分が相手に求める年齢を少しずらしてみてはどうですか?
一見シビアなようですが、相手に求める年齢を少し変えるだけで、自分の適齢期を自分で操作できるのです。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」