20代のまま時が止まってしまった「元・お嬢さん女子」

相談に来られる女性で実家で生活をしている方の中で、時々問題になるのが「元・お嬢さん女子」です。
 
「元・お嬢さん女子」とはその名のとおり、職場や友達の間では「◯◯さんはお嬢様だから」と言われ、近所でも「◯◯さんとこの娘さんは、おっとりしたお嬢さんで」と評判も上々の女性たちのことを言います。
 
男性たちからは「お嫁さんにしたい」と思われて人気が高そうな彼女たちですが、実際にはなかなか結婚が決まらないことが多いもの。
その理由はどこにあると思いますか?
 
答えは「元」お嬢さんだからであって「今」お嬢さんではないからです。
15年前だったらお嬢さんとして周りからもてはやされていたかもしれませんが、経年変化とともに今やすっかり元・お嬢さんになってしまったのです。
&nbsp
最大の問題は「元・お嬢さん女子」になってしまった事実ではなく、彼女たちがそのことをあまり気にかけていないことでしょう。
 
その原因の一つとして、成人してから何年も何十年も経っているのに、親元を離れずに暮らしていることが挙げられます。
ひと昔前に「パラサイト・シングル」という言葉が流行りましたが「元・お嬢さん女子」たちは、まさにこれに該当します。
自分も社会に出て働いているにもかかわらず、親に生活全般の世話をしてもらっているのです。
 
「元・お嬢さん女子」たちは、もともと持ち合わせているおっとりした性格に、加齢という武器が加わることで、年を重ねるごとにさらに鈍感になっていきます。
ですから、今のパラサイトの状況をおかしなことと思うバランス感覚も鈍くなってしまいます。
 
一カ月にかかる水道光熱費の金額の見当がつかなかったり、ゴミを出すべき曜日を知らなかったりと、基礎生活力が最低レベルのまま止まってしまっているのです。
 
この調子では、せっかく男性と出会っても、話をしているうちに男性が疑問を持つ局面がたびたび出てきます。
「この女性に家庭をまかせて大丈夫だろうか?」
と思い、結婚対象から外してしまうでしょう。
 
結婚を考えている男性にとって、女性には欠かせないポイントが二つあります。
それが「経済観念」と「家事能力」という基礎生活力です。
「元・お嬢さん女子」は、そのどちらも持ち合わせていないことが多いので、結婚相手として見てもらえないのは当たり前なのです。
 
もしも「◯◯さんは、お嬢さんだから」と周りから言われて「そうなの。おっとりした性格だから恋愛にも奥手で…」
などと真に受けているようなら、今すぐ考えを改めた方がいいでしょう。
 
すぐに、一人暮らしを始めるのが難しいようであれば、最低でも「30歳を過ぎて親元にいるのは恥ずかしいこと」
という意識を持つことです。
そして、クリーニングには自分で出しに行ったり、自分のために新聞をとってみたりと、身の回りの小さことから自力で挑戦してみましょう。
遅まきながら、生活力を身につけるトレーニングをはじめることをお勧めします。&


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」