彼にとって“特別な女性”になるためのことばベスト3

やはり男性ってプライドが高い。

「男は弱さを見せちゃダメ!」と思っていたり、育てられているから、女性の前では強がってしまいます。

でも本当は、結婚を意識した女性の前では甘えたいという癒しを求めています。

男性はリラックスした雰囲気が大好きなんです。

 

その1 「あなたの素の部分、私の前だったらもっと見せてほしいな」

 

「仕事ができるぞ」という話だけでなく、仕事で抱えている悩みや弱みも聞いてもらいたいと思っています。

それを先回りして

「普段から仕事も完璧だけど、私の前では何でも言ってね」と

「弱みを出せるんだよ」と伝えてあげる。

その時は強がって「いやいや、別に悩みなんてないよ」

と言うかもしれませんが、心の中では「今までの子と違って肝が座っている。頼もしい女性だな」

と意識するようになっていきますよ。

 

その2 「あなたとだったら、貧乏な時があっても、楽しくやっていけそうな気がするな」

 

場合によってはちょっとクサいセリフに聞こえるかもしれませんが…

結婚するにあたっての男性の経済的なプレッシャーはかなりのもの。

そんな時「あなたとだったら大変な時でもやっていけるよ」と伝えれば

「それなら俺も頑張ろう、この子を幸せにしたい」と、結婚に対してポジティブになります。

男性を“その気”にさせるのも、女性の一言次第なのです。

 

その3 「結婚後も、仕事は続けたいな」

 

どんなに年収のある男性でも

「10年後はどうなるかわからない」

と言っているくらい、経済的な面で漠然とした不安を感じている人が多くいます。

 

そこで最初から「専業主婦になりたい」と言ってしまうと

「金づるを求めているだけなんでしょう」という不安を持たれてしまいす。

ここは、ウソでもいいから「結婚後も仕事は続けたい」と言ってください。

それでも「実際は働きたくないし…」と思うことでしょう。

いざ結婚すると、男性の方が独占欲、所有欲が強いので

「家にいてほしい」

「そんなに忙しいなら、別に働かなくてもいいよ」

と言い出す可能性も高いのです。

 

最近の男性って、女性に対して「結婚後は家庭にいてほしい」

と言うのは時代錯誤だと思われるし、実際、奥さんも働いているほうが経済的にはゆとりができるので、はっきりとは言いません。

でも奥さんが朝から晩までいないような働き方をされてしまうと、それはそれで寂しくなったり、仕事をしていれば奥さんがほかの男性と接する機会も多いのでやきもきしたりします。

「働くのはいいんだけど、俺より忙しくならないでね」というエゴもあるでしょう。

だから「とりあえず仕事を続けるつもりです」

という姿勢を見せておいて、結婚後は様子を見ながら、柔軟に歩みよってほしいと思います。

 

この三つのセリフは、あなた流にアレンジしてもかまいません。

あなたとの結婚後の幸せなイメージを、あますところなく伝えてください。


人気ブログランキングへ

福岡、北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる婚活サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。
安心してご来店ください。ご連絡お待ちしています。

この記事を書いた人

高島由希
高島由希
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」