「私が断った理由」~交際編【1】~

① 話が合わなかった
 
お見合いのときに会話が弾まなかった場合、2回目のデートである程度盛り上がらない限り断られるのは珍しいことではありません。
お見合いの時点で断られたのではなく、2回目につながったことには自信を持ってください。
2回目に会うときは、相手はフランクな会話をもとめているはずです。
お見合いで聞いた女性の趣味などの話題にふれたり、自分らしさが出せるデートをセッティングするなどの工夫と努力が必要です。
 
② 結婚に対する価値観が違う気がした
 
お断りの理由が「価値観」であるケースは多い。
交際が進み、相手を知るにつれ、自分がこれまで築いてきた生活環境、描く結婚生活像が大きく食い違うと感じ、しかも歩み寄りができないと結婚には至りません。
価値観とは一人ひとりが持つ個性のようなもの。
まず、相手の価値観を正しく理解しているかどうかが大切。
会話を多くもち、時には腹を割る、案外話してみると価値観が近いとわかる可能性もあります。
また「価値観が合うか」以前に「価値観を合わす」という発想を持ってもらいたいと思います。
「山が好きな妻」「海が好きな夫」という夫婦なんてザラです。
価値観が違っても夫婦としてちゃんと成り立っています。
お互いの趣味や、やりたいことを認めてあげる。
これで、結婚に対する価値観の問題はある程度は解決するはずです。
 
③ 会う回数が増えるにつれて、優しさが減ってきた
 
「釣った魚にエサはやらない」ということですね。
「せっかく彼女と仲良くなったのに、なぜ?」と後悔しても後の祭り。
 
④ 離婚した元妻との子どもと一緒に暮らせるか、不安になった
 
女性なら誰でも不安。
特に出産可能な年齢の女性にとっては深刻な問題です。
前妻の子どもとの同居には、女性にとっては大きな覚悟が必要です。
男性や子どもに気を使い、誰にも話せず一人で悩んでいるかもしれません。
男性は女性の心を思いやるほかありません。
 
⑤ 親が反対した
 
親からあれこれ口出しされて鵜呑みにしてしまう「いい子ちゃん」タイプに見られます。
親を喜ばせたいとの思いが強すぎるケースです。
結婚に対して腹をくくりきれていないと、こうした理由で断ってきます。
おそらく、この理由の背景には別の本当の理由があるのではと思われます。
案外「言い訳」に親を利用しているだけのことも多いんです。
「親が反対している」のではなく、自分が「親が反対するように伝えているから反対されるべくして反対される」と気づきましょう。
そうでないと、いつまでも「親の反対」で結婚できないままになってしまいますよ。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」