交際をいかに結婚にむすびつけるか3

結婚が前提であることを「言葉に出してい」強調しましょう
 
お見合い後、交際に至った女性からは
「結婚の話が出ないので不安です」
という声が多く寄せられています。
そうした不安を解消するのが「結婚を前提にお付き合いしてください!」
というセリフ。
お付き合いは結婚が前提です。
それでもあえて、このように言ってあげてください。
言葉での表現を、女性は心から待ち望んでいるのです。
「はい」との返事をもらえたら、手ごたえありと確認できて、男性側も安心ですよね。
 
お互いの結婚の意識が高くなれば、結婚にむけてさらに2人の絆を育てるためにも、毎週のように会いましょう。
そして、結婚の話を具体的にするようにしてください。
「ご両親に挨拶に行かせてもらえる?」
という、親の承諾を得る言葉や行為。
また、宝石店の前を通ったときなどにさらっと
「婚約指輪はどんなのが好き?」
と聞いてみるのもよいでしょう。
「たとえば結婚式を挙げるなら、ホテルがいい?それとも神社かな?」
「新婚旅行はどこに行きたい?」
といった、具体的な結婚式関連の話を出していくのもいいと思います。
この辺は結婚が、決まったわけでもないなら、直球よりアバウトに聞くほうがよいでしょう。
 
いよいよ、彼女の家に挨拶に行くときは、あらかじめ「ご両親の好きなもの」を聞いて持って行きましょう。
デパートで、彼女に選んでもらうのもいいですね。
「言葉」と「行動」をタイミングよく伝えながら、結婚への道を固めていきましょう!


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」