「優しくされたい」のであれば、先に「優しくしてあげる」こと

例えば、お友達とランチに行ったとき。
「私は、Aランチ」と、自分の分をさっさと決めてしまったりしていませんか?
迷っていてなかなか決まらない友達にイライラしたりしていませんか?
こういうクセは簡単には直らないものですし、その時その時で使い分けができるものでもありません。
だから、大事なデートのときも、つい出てしまいます。
そんなあなたを見て、相手はどう思うでしょうか?
 
あなたがさっさとオーダーを決めてしまったときに
「え、好きなものは何?苦手なものはある?くらい聞いてくれればいいのに…」
「ぼくの好みを全然気にしてくれないなんて…。結婚したら、平気でぼくの嫌いな料理を並べるんだろうな」
これでは婚活は失敗!
なぜなら優しさが不足だからです。
 
女性は「愛されたい」「優しくされたい」「幸せにしてほしい」と受け身の要求をしてしまいがちです。
そんな彼女たちの口癖はいつも「~くない」「~くれない」です。
「おもしろくない」「楽しくない」「大事にしてくれない」「気を利かせてくれない」「どこへも連れていってあくれない」といったところでしょう。
つまり「何かをしてもらうこと」ばかり考えているのです。
 
相手に求めるばかりでは、とうてい幸せな結婚はできません。
求めてばかりで自分が与えない人は、結局、相手からも与えてもらえないからです。
愛されたいけど愛されない。
優しくされたいけど優しくされない。
幸せになりいけど幸せになれない。
ないないづくしの人生になってしまいます。
幸せな結婚は、これとは正反対の心に引き寄せられるものです。
 
愛されたいと思ったら愛すること、優しくされたいのであれば優しくすること、幸せにしてほしいのならば幸せにしてあげること。
 
このアドバイスを実行できた人は、みんな見違えるように優しくなります。
会員さんも、最初は「どうしようか。この人はムリかも」
と思ってしまったような方が、みるみる変わって優しくなっていきます。
そして「プロポーズされました…!」と、嬉しいお知らせを聞くことになるのです。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」