本当の結婚適齢期はいつ

婚活市場は、男性の売り手市場と聞いて「それなら、あまり急ぐことないな」
などと悠長に考える人がいるかもしれませんが、それは間違いです。
なぜなら婚活は若い方が圧倒的に有利だからです。
 
「結婚は、したいときが適齢期」
「他の人は知らないけど、自分は自分が結婚したいと思った時に結婚すればいい」
そう思っている人が大勢います。
もちろんそれを否定するつもりはありません。
さらに男性は、結婚願望を抱く女性とは対照的に、結婚に対して憧れどころか「面倒」「束縛」などのマイナスイメージを持つ人が多くいます。
 
同世代の友達や同僚が結婚し、焦ってようやく腰を上げる時、周囲に流されるようにして慌てて婚活を始めた男性には余裕がありません。
婚活は焦る前から始めるにこしたことはありません。

20代の結婚をイメージしてください。
20代の男性の年収は当然少ないものですが、同世代の妻は、共働きが当たり前だと思ってくれます。
2人で頑張って働き、少なかった貯金を増やすことができます。
親はまだまだ元気で、仕事も現役。
経済面でも援助が期待できます。
子どもが生まれます。
若い夫婦ですから、経済的に贅沢はさせてあげられません。
代わりに体力があります。
2人で夢を描き、力を合わせて育児を頑張れます。
やはり、経済的にも体力的にもまだ若い親が、孫かわいさもあり、なにかと手助けをしてくれます。
これが、20代の結婚です。

では、40代以上になるとどうでしょう。
40代以上の婚活男性の皆さん。
預金は十分にありますか?
コツコツ預金をしていれば、20代や30代とは違い、マンションのひとつも買える年齢と世間ではみなされます。
社会に出たての20代ではありませんから、親の援助を当てにするわけにはいきません。
親はすでに定年退職を迎え、老境に入った自分のことで精一杯です。
近い将来介護を受けたり、高齢者施設に入るときのため、お金が必要です。

結婚後の経済状況について、女性は男性よりもっとシビアに考えています。
苦労が目に見えている40代、預金なしの男性は、婚活に不利と言わざるを得ません。
ましてや、若い女性を望むのは贅沢な話しです。
経済面をカバーするくらいの決定的な魅力がなければ、結婚へのハードルは否応なしに上がるものと思ってください。


人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

高島 由希
高島 由希はなみずき 代表
「はなみずき」では、お一人おひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。赤い糸で結ばれたお相手とのご縁を大切に結びながら、ご成婚まで一緒に歩いて行きましょう。

そろそろ結婚と思われたら、はなみずきの扉をノックして♪

はなみずきでは、おひとりおひとりの想いに応えて、幸せな結婚へのお手伝いをさせていただきます。
赤い糸で結ばれたお相手を探される時、 お出逢い、交際、そしてプロポーズの時まで。何でもご相談下さい。
本気で結婚を考えているあなたへ、結婚へつながる楽しい婚活を安心サポートいたします。
無理な勧誘やセールスは一切しておりません。安心してご来店ください。お気軽にご予約くださいませ。
★ 出張無料相談しております。
093-883-5715 高島まで。
北九州の結婚相談所なら「婚活サポート はなみずき」